読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若手医師と商社マンが最強を目指すブログ

平成生まれの帰国子女である3年目医師と4年目総合商社マンがそれぞれの最強への道を虎視眈々と狙う

【成功の具現】フェラーリ458イタリアとは如何なる物なのか

今日は「フェラーリ・458イタリア」について語りたいと思う。

458イタリアというのは、伊フェラーリ社のスポーツカーであり、4.5L V8エンジンを搭載し570馬力を誇るフラッグシップモデルである。発売は2009年から現在も製造されている。個人的には現在製造されている車で、世界一美しいデザインだと思っている。

新車価格が2800万という数値にもかかわらず、納車は1年半待ちとのことから、その評価の高さが伺えるだろう。僕が信頼を置く、辛口で有名なイギリスの車番組、Top Gearの元司会であるJeremy Clarkson氏も458イタリアのことを「Small version of the God(神の縮小版)」と評していた。


さて、少し思い出して欲しい。
僕が今までも何度か繰り返しているステートメントだ。

そう僕の人生の目標は「最強になり、フェラーリ458イタリアを買うこと」である。

では458イタリアに乗れれば良いのか?という話になるが、答えは「否」である。確かに458は欲しいが、目標は最強になった上で、458イタリアを手にすること である。換言すると「458イタリアに見合う男になること」を目指しているのだ。

なので例えば宝くじにあたってイタリアが購入できるとしても、僕の中ではそれは全く意味のないことだ。逆に言えば、金銭的には無理でもイタリアに見合う偉業を成し遂げている人は、僕の評価では「458級の男」として認定される。

458イタリアは、僕の中ではもはや車ではない。
社会に承認されたエグゼクティブであることの象徴なのだ。



最後に一つ付言したい。
写真で458イタリアを評価してはいけない。イタリアは実車のほうが5倍ぐらい美しく、迫力がある。表参道や六本木に行けばそれなりの頻度で見かけるので、是非この比類なき伊車に見惚れて欲しい。

僕が心奪われるのも頷けるだろう。