読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若手医師と商社マンが最強を目指すブログ

平成生まれの帰国子女である3年目医師と4年目総合商社マンがそれぞれの最強への道を虎視眈々と狙う

アメリカ人の筋トレを見て、日本人との圧倒的なフィジカルの差を実感する

肉体改造/ダイエット

どうも達也です。

意識の高い読者の皆様は、今日も体のどこかに筋肉痛を抱えながら、仕事に邁進していることだろう。僕もそうだ。最近では、ついに相方の開司も運動を始めた。心血管リスクまっしぐらの不健康激務リーマンの彼には、医者としてもう少し健康的な生活を送るよう、念押ししている。

ここ最近、アメリカに訪れる用が立て続けにあり、フィットネス先進国の筋力トレーニングを見学する機会があった。そこで、日本人とアメリカ人との間に歴然と存在する筋トレのレベル差を実感した。その感想と今後我々の目指すべき改善点を、今回はシェアさせていただきたい。

mv_20140822

フリーウェイトが人気

フリーウェイトとは、ダンベル・バーベルなどと言った、旧来から存在する「鉄の重り」を用いたトレーニングである(それに対をなす手法として、マシントレーニングがある)。

僕が視察に訪れたジムは、フリーウエイトエリア、有酸素エリア、マシンエリアと3つに分かれていた。その中で、一番人気がフリーウエイトエリアであったことには驚いた。日毎からジム通いをされている人にはお馴染みだろうが、日本ではフリーウエイトは人気がない。なんとなく怖い気もするし、本気でトレーニングしてるマッチョマンしか近寄れない空気がある。

実際、それはある種の事実なのだろうが、フリーウェイトには計り知れない大きなメリットがある。例えば、施設間やマシン間で筋トレ負荷の差が出ないこと、 補助筋力や体幹への負荷がかけられるなどだ。これだけマシンが進化した今日でも、フリーウェイトは魅力的である。

しかし、アメリカ人的には、そういった実際的なメリットよりも、男気のイメージの方が重要らしい。アメリカ人に言わせると、マシンは「女子どもや軟派なフィットネス野郎」が使うものらしく、真の男を目指すのであれば「鉄vs俺」、つまりフリーウェイト一択とのことであった(ちなみに、ケーブルトレーニングは、男気があるので、OKとのこと) 。
 

ビッグ3を重視する

日本人に筋トレというとまず思いつくのがベンチプレスだろう。胸筋は筋肉サイズも大きく、鍛えていることがわかりやすいので、人気が出るのも頷ける。日本のジムにはベンチプレスばっかりやってる人、通称ベンチ豚が多く存在する。

その点、アメリカ人もベンチプレスは好きだ。しかし、同じぐらい他のビッグ3種目も重視しているのが特徴だ。若いアメリカ人同士で「よう!今はスクワットを275ポンドでセット組んでるぜ」「俺はデッドリフト315ポンドが上がったもんね」みたいな会話をよくしている。事実、彼らの身体は背中や臀部の厚みがすごい。
 

筋トレ歴が長い

一番大きな要因だと思われるのが、彼らは筋トレ歴が長い。聞いてみると、高校生(15歳ぐらい)から筋トレは授業で行われているとのことであった。なので、20歳の若者でも筋トレ歴5年のベテラントレーニーなのである。継続は力なり、だ。30歳とかになると、ザ・ロックみたいな体型をしている人が大勢いる。

 
知識もすごい。これだけ長いこと筋トレをやっていると、フォーム、メニューの組み方、PFCバランス、といった基本的なことはもちろんのこと、生理学や栄養学などに関してもかなり詳しくなっている。ハンバーガーばっかり食べていそうなお兄ちゃんが、クレアチンの種類による使い分けや、筋トレ前のカフェイン摂取について語っていたのには驚いた。
screenshot 2

一番多いのがデブマッチョ

日本だと、「運動している×やせている」、「運動していない×太っている」という組み合わせがほとんどである。日本では、運動は健康意識が高い人が行うものなので、必然的に食生活も気を使っている人が多いのだ。その点もアメリカは違う。

アメリカ人で一番多いパターンは「運動している×太っている」である。これは「デブ民族だから」であると考えられるが、それ以外にも理想の体型の違い、ということもあるだろう。アメリカ人女子的には、痩せ過ぎよりはデカすぎ、の方が評価が高いようだ。
 

女性のフィットネスレベルが高い

アメリカでは筋トレは何も男性だけの文化でない。若い女性も積極的に行っている。女性でデッドリフト80kgを底引きで行ったり、美しいフォームでスクワットをしている人がけっこういる。そう言った人の体型は、ボンキュボンそのものであり、何よりお尻がぷりぷりである。まったく素晴らしいことだ。日本人女子は、確かにデブは少ないが、上半身が薄っぺらく、まるでアイロン台みたいな人ばっかりである。トレーニングを行い、もう少しボリュームをつけてほしいものだ。
screenshot copy
 
 

余談:デッドリフトをやっていない人は人生を損している

最近、デッドリフトにはまっている。やってみればわかるが、本当に多種類の筋肉が鍛えられる。むしろベンチプレスとデッドリフトだけやってれば、他に何もしなくていいんじゃないかとすら思っている。

筋トレメニューにデッドリフトを取り入れていない人は心底後悔した方が良い。デッドリフトで鍛えられない部位を、ベンチプレスで鍛える、と言い換えたほうがわかりやすいかもしれない。ざっと挙げてみると、三角筋(横、後)、僧帽筋、広背筋、脊柱起立筋、上腕二頭筋、前腕、腹筋など。もちろん底引きで、グリッパーは極力用いない(前腕の負荷が無くなる)。

ちなみに、デッドリフトのDeadの由来だが、「死ぬほどきついから」というよく言われる理由から、「死人を持ち上げる姿に似ている」といった不吉なものまである。実際は「静止した重り(dead weight)を持ち上げる(liftする)」ということから来ているらしいので、皆でがっかりしよう。

これ以上アメ公どもに水をあけられないように、みなさんも筋トレに励んで行こう。