読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若手医師と商社マンが最強を目指すブログ

平成生まれの帰国子女である3年目医師と4年目総合商社マンがそれぞれの最強への道を虎視眈々と狙う

これから初期臨床研修医になる君たちへ

こんにちは達也です。

去る10月20日、初期臨床研修のマッチング結果が発表されました。

日本マッチング協会の発表にあるように、ほとんどの人が第一希望でマッチしたようですね。

f:id:tatsuyakaiji:20161022160403p:plain

(医師臨床研修マッチング協議会 平成28年度)

 

初期臨床研修とは、医学生が大学を卒業した後に課せられる、2年間のトレーニングです。

記念すべき、お医者さんとしてのファーストキャリアとなります。

 

医学部6年生の皆さんは、2月に控えている医師国家試験の追い込み中でしょうが、

僭越ながら、私達也から皆さんに伝えたいことがあります。

f:id:tatsuyakaiji:20161022162651p:plain

 

まず最初に理解しておく必要があるのは、

あなた方はカスであるということです。

 

そう、カスです。

 

病院という摩訶不思議の空間。

そのヒエラルキーで、君たちは最下層に組み込まれます。

 

カースト制度で言うところの「人間扱いされない人々」です。

なぜなら、君たちには、知識も経験も、何一つ持ち合わせていないからです。

君たちが持っているのは、国家試験で詰め込んだ使えない知識と、

6年間の学生生活で肥大させた自尊心、

そして医者になったらモテるんじゃないかと言う淡い期待、だけです。

 

また、どんなにすごい1年目でも、絶対2年目には勝てません。

君が学生時代、MECの模試の順位が学年でトップであろうが、

どれだけイヤーノート(医師国家試験の参考書。辞書ぐらいの厚み)を暗記しようが、

学外の勉強会に出席していようが、

「やっぱりヒストリー&フィジカルだろ」と頭の悪い女の子に自慢気に語ろうが、

そんなことは全く臨床能力と関係ありません。

 

臨床の現場での生きた知識と、参考書の座学での知識には、それぐらいの差があるのです。

 

そして君たちにできる事はただ一つ。

それは、奴隷になる事です。


言い換えれば、言われたことを、ひたすらこなす能力です。

俺が患者を治すぜ!なんて妄想はさっさと諦めて、奴隷モードに切り換えた方がよほど生産的です。

 

優秀な社畜(病畜)になるために、非常に参考になる本があります。

入社1年目の教科書岩瀬大輔

 

この本の、3つの理念を心に刻んでおいてください。

それは、以下です。(これ以外は大したことが書いてないので、買わなくて良い)

  1. 絶対に遅刻は厳禁
  2. 言われた事は絶対やれ
  3. つまらない仕事などない

 

初期研修医になったあなたは、もう学生ではありません。

初期研修医と医学部6年生の一番大きな違い、それは責任です。

あなた方は社会人です。遅刻をしてしまったら一発アウトです。

10分前集合を常に心がけましょう。

 

そして奴隷となった君たちには、様々な「仕事」が舞い込んで来ます。

上司の医者からの指示だったり、

薬剤師さんからのオーダーの確認電話だったり、

熟練看護師からの重要な患者に関する報告だったり、

アホでビッチな新人ナースから夜中の2時に来た、全く緊急性のないコールかもしれません。

 

そして、どんな時も、あなた方の返事はただ一つです。

サー、イエッサー!

 

「この指示を、医者である自分がやることに意味があるのか」

「このやり方では非効率的ではないか」

「そもそもこの治療方針であっているのか」───。

 

そんなクズのような疑念は、今すぐゴミ箱に捨ててください。

全く経験のない君たちが一番に獲得を目指すべきもの、それは信頼です。

しょぼい要件もしっかりとこなせない君たちに、もっとハイレベルな依頼が来るでしょうか。

来るわけがありません。

少なくとも1−2年は、君たちは奴隷です。

 

 

君たちにもう一つできること、それは勉強です。

よく知られているように、医師国家試験の勉強は、現場ではほとんど役に立ちません。

まるで、TOEIC900点の高校英語教師が、アメリカ人の前でモゴモゴしてるかのごとく、です。

 

これは、医学書をたくさん読めとか、問題集を解けとか、そんな話ではありません

 

臨床では、臨床での学びがあります。

よく、ベッドサイドラーニングとか、症例で学ぶ、なんて言われます。

 

これは正しいのですが、誤解も生んでいます。

診療にただ携わっただけでは、記憶はあっという間に通り過ぎます。

本当です。

 

担当した症例一つ一つに関して、病態・症状・対応をしっかりと押さえる事。

それを行なって初めて、君たちの「経験」が「血肉」となります。

ただ見てるだけでは、何も身につきません。

 

とりあえず、奴隷業の傍で、自分の担当患者の把握に命を捧げましょう

エクストラの勉強を行うのは、その後でも遅くはありません。

 

 

さて、ここまで、厳しいことを言って来ました。

それでも、絶対に失って欲しくないものがあります。

 

それは、どんなにゴミ扱いされようが、夢を失わないことです。

腐らないようにすることです。

 

最終ゴールが、「立派なお医者さんになること」であることだけは、

どんな時も忘れてはいけません。

 

厳しくも楽しい、お医者さんワールドに旅立つ君たちの門出。

僕は高らかに銅鑼を鳴らそう。