読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若手医師と商社マンが最強を目指すブログ

平成生まれの帰国子女である3年目医師と4年目総合商社マンがそれぞれの最強への道を虎視眈々と狙う

【愚の骨頂】国際便に乗り遅れたらどうなるのか

就職活動
医師のTatsuyaです。

先日、1ヶ月に渡る壮絶なアメリカ修行から無事帰国した。アメリカへ行くために成田空港から飛行機に乗ったわけだが、なんと飛行機に乗り遅れるという愚を犯した。今回はそのことに関して記そうと思う。

僕は飛行機には比較的よく乗る方だが、最近は国内線ばかり乗っていた。国内線であれば、飛行機の出発時刻の30分ぐらい前に空港に着けば余裕で間に合う。今回、国際線に乗るのは2年ぶりぐらいで、「1時間ぐらい前に空港につけばいいか」と思って電車に乗ってしまった。思い返せば、この段階ですでに破滅の沼に足を突っ込んでいた。

結果、少々電車が遅れて、成田空港に着いたのは出発の50分ぐらい前であった。これなら何とか間に合うだろうと思ってチェックインの機会を操作した。そこで衝撃の事実。なんとESTA(アメリカに入国する際に必要なビザみたいなやつ。2年で期限が切れる)が期限切れになっていたのだ!ESTAがないとチェックインできないようで、窮地に立たされた。

仕方ないのでその場でパソコンを開き、ESTAの再取得を開始した。しかし、この作業が思いの外に時間がかかり、終わったのは出発時間の20分前。そして再度チェックインをしようと機会の操作を開始。震える指でボタンを押していたら、「取り扱いを終了しました」との画面が表示された。絶望的である。

半泣きになりながら、カウンターに行ってお姉さんに相談してみた。もじもじしている僕をゴミクズでも眺めるような目で見ながら「無理です。次の飛行機を探してください」と言い放つお姉さん。「この便は明日も明後日も満席ですね。払い戻しもできませんので、航空会社に自分で電話してください」とトドメを刺された。
b000wzo3lu
もうどうしようもない。予定の飛行機は木曜日着だったのだが、実際の仕事は週明けからだったので、まあ数日遅れても良いか、と現実的な方策を練っていた。航空券は往復20万。帰りの便は良いとしても、追加で10万弱はかかるだろう。全くの無駄である。収入が少ない僕の勉強代としては、高すぎる金額だ。



その後、転機が訪れる。その場で立ちつくしていたら、ゴミクズお姉さんの先輩みたいなのが現れて、二人で何やら電話やパソコンの操作をし始めた。しばらくしたらお姉さんが明るい表情で「もしかしたら1時間後に出る別のルートで行く便に空席が出るかもしれません。待ってみますか?」とのこと。 何という急展開。まさに渡りに船である。「でも空席が出ない可能性高いです。そうなったら諦めてください。〇〇番カウンターでお待ち下さい」と言われた。

他に手もないので、言われた通り、目的のカウンターを探す。空港の隅に、何やら人だかりができており、どうやらそこが目的地らしい。そこにいる人がどうも変で、外国人、それも身なりの悪い奴らばかりある。しばらくして分かったのだが、そこは映画のターミナルみたいに、帰国ができない外国人が大量にたむろしている空間のようであった。近くにいた黒人に話を聞いてみると、なんと3日間も空港にいるらしい。

その中でおとなしくしていると、「〇〇へ変更のTatsuyaさーん」と呼ばれた。周りの外国人どもをかき分け、なんとかカウンターへ。「無事席を押さえられました。出発まで30分ぐらいしかないので、急いでゲートへ向かってください」。・・・よかった。黒人さんも一緒に喜んでくれた。

そうして無事飛行機に乗り込み、目的地に着くことができた。めでたしめでたしと言いたいところだが、お姉さんにも多大な迷惑をかけてしまい、猛省せねばなるまい。今回の失敗が大惨事にならなかったのは、ひとえに僕がラッキーであったというだけで、特にみなさんにシェアできる有益な知識はない。

Take Home Messageとしては国際便は2時間前には空港に着くように心がけましょう、という当たり前の事実だけである。どうか賢明なみなさんは、僕みたいな間抜けな体験はしないよう気をつけてほしい。
 
Have a nice flight!