読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若手医師と商社マンが最強を目指すブログ

平成生まれの帰国子女である3年目医師と4年目総合商社マンがそれぞれの最強への道を虎視眈々と狙う

気づいたら僕は完全にデブの仲間入りをしていた

「え、、、太りすぎじゃない?大丈夫?」 先日、久しぶりにA子に会った時に、発せられた言葉である。 こんにちはTatsuyaです。 ご存知の通り今まで散々偉そうに、筋トレや肉体改造記事を書いてきた。 そんな意識の高い僕の腹である。 どうだろうか。Take a l…

アメリカ人の筋トレを見て、日本人との圧倒的なフィジカルの差を実感する

どうも達也です。意識の高い読者の皆様は、今日も体のどこかに筋肉痛を抱えながら、仕事に邁進していることだろう。僕もそうだ。最近では、ついに相方の開司も運動を始めた。心血管リスクまっしぐらの不健康激務リーマンの彼には、医者としてもう少し健康的…

【ザ・ロック】ドウェインジョンソンのトレーニング論と仕事の流儀

ザ・ロックこと、ドウェイン・ジョンソン氏をご存知か。彼は元々プロレスラーなのだが、引退後にテレビ番組などにも出演し始め、今や主役の映画やテレビドラマをいくつも持つ、アメリカを代表する俳優となっている。筋肉俳優というくくりで考えれば、アーノ…

君は減量を始めるにはまだ早すぎるかもしれない

減量減っていく皮下脂肪、そしてみるみる露わになる己の筋肉。鍛え上げた肉体を見せつける至福の時。・・・It's a showtime。しかし、減量を始めている貴方。ちょっと待ってほしい。肉体改造においては、①増量期:筋肉と脂肪を一緒につけていく段階②減量期:…

忙しい研修医でも、筋トレはできる

職場の同僚によく「忙しい日々でどうやってトレーニング時間を確保するのか」と不思議がられる。僕の病院は、日本で最も忙しい研修指定病院の一つとして知られている。研修医は超多忙であり、朝早くから夜遅くまで、病院の中でしごきあげられる。まさにブラ…

ダイエットプログラムの再提案と僕が使っているプロテイン

ダイエットは順調にすすんでいるか前回の提言では、朝食を抜き、昼食を軽めに、夕食をガッツリという食事パターンを提唱させていただいた。その後、さらに工夫を重ね、効率化を図ったプログラムを紹介させていただく。以前のアイディアでは、昼食をコンビニ…

魅せる肉体を獲得する2つの方策と、理想の体型と筋トレパフォーマンスの関係

読者の皆さん、筋トレはしているか。魅せる肉体を獲得するには、「筋肉が多いのに皮下脂肪が少ない」という生理的には相反する状態を作り上げる必要がある。しかし「摂取カロリー<消費カロリー」の状態では筋肉量は「維持」しかできず、増やし続けることは…

最新の知見に基づいた、食事の満足度を保ったまま体重を10kg減らす方法

現在ダイエットの真っ只中にいる。 4月ぐらいから全身の筋肉量を増やすために筋トレを本格的に開始し、それ以降はぽっちゃり系マッチョ状態を維持していた。しかしどうやら女性陣には、ぽっちゃりも、ぽっちゃり系マッチョもただのデブに見えるらしく、誰も…

【自転車通勤続報】君はビンディングペダルを知っているか

自転車通勤の続報である。 前回少しだけ予告した「例のチューニングパーツ」だが、先日入荷され私のマシンに装着されたので報告したい。ビンディングペダル(シューズ)という。簡単に説明すると、靴とペダルを連結する器具である。 下の図を見て欲しい。通…

特に自転車を趣味としていない人がクロスバイクで片道10kmの通勤を始めてみた

今週から自転車通勤を始めた。 距離は片道10km強。郊外から市街地と変化に富むルートを駆け抜けるアップダウンの激しいコースだ。もともと勤務先は自宅から自転車で10分以内のところなのだが、事情により一ヶ月の期間限定で別施設へ行くことになったのだ…